※スケジュールは、進行上の都合により出演者や時間が変更となることがあります

【2019年5月18日(土)】

11:00〜 NGSKK
12:00〜 Piacere 〜フルート四重奏〜逗子文化プラザホールプレゼンツ

13:00〜 市長トーク
14:00〜 MAKIM
16:00〜 ピッコリー
17:00〜 村田食堂
18:00〜 野外オペラ
19:00〜 ミセスガラナ

【2019年5月19日(日)】

11:00〜 Luna
12:00〜 SandalSoul
13:00〜 EMPTY KRAFT
14:00〜 小畑仁
15:00〜 來島和江&よしうらけんじ
16:00〜 Vakeneco

5月18日(土) 11:00〜

NGSKK

なぎさ通り、休日のお昼どき、時折聴こえる昭和歌謡… あなたを懐かしいあの時にいざないます

5月18日(土) 12:00〜

Piacere ~フルート四重奏~ 逗子文化プラザホールプレゼンツ

私たちはフルート4人組、ピアチェーレです!フルート特有の輝かしく豊かな音色を夏の風と共に皆様へお届け致します!

5月18日(土) 13:00〜

市長トーク

桐ヶ谷新市長をお招きして、福祉をテーマに認知症対策に取り組む方々をお迎えします。ゲストは、社会福祉士 すこやかいきいき協議会代表 服部誠さんと、アロマセラピスト・一般社団法人はっぷ代表の大橋マキさん。おふたりがともに活動されている「認知症フレンドリー逗子葉山」の取り組みについて、また、認知症の方にも健康づくり生きがいづくりをしてもらう活動「すこやかいきいき協議会」の活動についてお話を伺います。

5月18日(土) 14:00〜

MAKIM

韓国人 金眞と日本人 眞木修の夫婦による音楽ユニット。2人はブラックミュージックを研究する大学サークル「ザ・ナレオ」で出逢う。大学卒業後、”MAKIM”として活動を開始。現在はパーカッションやドラム、ベースを織り交ぜ、力強く心踊るビートで聴き手を魅了する。

魂揺さぶるギターと温かく暗闇を照らす光のような歌が生み出すのは、アメリカから中南米、アフリカまで様々な要素を吸収した新世代型ライヴミュージック。

現在は逗子在住で神奈川・東京を中心に活動中。

5月18日(土) 16:00〜

ピッコリー

中南米音楽研究会的ユニットpiccoly。ライトメロウなブラジリアンサウンドを美味しいfood、美味しいお酒とともにお楽しみください。

5月18日(土) 17:00〜

村田食堂

バンジョー・ギター・ベースで、戦前戦後のジャズや昭和歌謡など、古き良き音楽を陽気なリズムでお届けします。あなたのおなかに、美味しい音楽を。

ギター 村田哲郎
バンジョー 山本まさひこ
ベース 村田彩子

5月18日(土) 18:00〜

野外オペラ

逗子コミュニティパーク恒例の解説つき野外オペラ劇場 今回のテーマは「男たちの思い込み」。採り上げる歌劇は、モーツァルトの「コジ・ファン・トゥッテ(女はみんなこうしたもの)」。

男声3人で、男の思い込みと身勝手な賭けによるドタバタ劇の一端を精妙作曲されたアンサンブルでご紹介します。これは、「人間はみんなこうしたもの」というモーツァルトのメッセージでしょう。お楽しみに!

5月18日(土) 19:00〜

ミセスガラナ

多彩な選曲が飛び出す女性ボーカル&男性ギターユニット。サウンドも雰囲気も魅せるステージに注目!

5月19日(日) 11:00〜

Luna

逗子葉山のメンバーで結成された8人組グループ。スチールパンの綺麗な南国の音色をお届けします!

5月19日(日) 12:00〜

SandalSoul

サンダル(気軽な)× ソウル(魂の歌)
サンダルのように普段履きしてもらえるような、親しみやすい音楽。軽快なその足元のリズムは体と心を緩めるサンダルのソール(底)からソウル(魂)へ。ソウルミュージックに影響を受けたシンガーsunnyのソロユニット、SandalSoul。
2016年5月25日:全国流通盤CDアルバム『Sandal tone』リリース
2017年5月5日:自身の妊娠・出産を機に制作した配信限定シングル『すべてを君に』リリース

5月19日(日) 13:00〜

EMPTY KRAFT

ストリート発 サックス&ダンスの新形態パフォーマンス。唯一無二のショーを四度目のコミュニティパーク出演で!

5月19日(日) 14:00〜

小畑 仁

神奈川県鎌倉市出身のシンガーソングライター。小さなギターを手に世界各地を旅したことから、弾き語りを始める。2016年に弾き語りEP「風」をリリース。心に触れる楽曲と、繊細かつソウルフルな歌声で、ソロ・バンドともに各地でライヴを行っている。まだ見ぬ世界や心たちと出会うべく、今日もその表現を探求中。

5月19日(日) 15:00〜

來島和江&よしうらけんじ

境内で聴いてトリップできる音楽、そしてリズムの楽しさを全身で感じられるLIVEを、パーカッションよしうらけんじとのduoで

5月19日(日) 16:00〜

Vakeneco

6歳よりピアノを始める。 1997年洗足学園短期大学ジャズ科卒。2002年米国バークリー音楽大学パフォーマンス科卒。2004年にニューオリンズより帰国、国内に活動の拠点を移す 2011年アーティスト名をVakenecoとし、1stアルバム”変幻自在”をリリース。”JAZZLIFE""誌や”湘南スタイル”誌によるVakeneco特集、ライブレポートの掲載等でも注目を集める。 BS11、湘南エリアのケーブルTV、FM横浜、湘南エリア、都内FM局にも多数出演。 UEDA Joint、葉山JAZZフェス等、イベントにも精力的に出演、そのサウンドが話題に。

Sound OLYMPIC2013の人気投票で1位に輝く。
2016年2ndアルバム”百花繚乱”リリース。
2018年台湾の国立東華大学にて音楽理論と奏法を伝授する。
2019年6月公開予定映画”悪い女はよく稼ぐ”音楽担当。"

中西 ETIOPIA 文彦

5/20(sun) 14:00〜

中学時代からギターに目覚め、パティー・スミス、トム・ウェイツ、トーキングヘッズなどニューヨーク系のサウンドに強い影響を受ける。後年、東京から移り住んだ湘南で突如ブラジル音楽に傾倒、バーデン・パウェルのギターに夢中になる。2001年ブラジルに渡り、サンパウロにてソロコンサートを行う。2006年ピカイアパンデイロスペシャルに参加、2枚のアルバムを発表。現在は自己のユニットThe Xangos、CANTO!、South Conscious、などの活動を中心に、様々なセッションを展開。 2015年、ガットギター1本によるsoloギターアルバム""Engrave on Guitar""を発表、2016年にはガットギターにエフェクターやシーケンサを施した完全即興のsoloギターLiveアルバム""Depart on Guitar""をリリース。 繊細なガットギターと、アバンギャルドなエフェクトを使いこなす、奇才ギタリスト。

安部家

5/20(sun) 11:00〜

ボーカルとフラットマンドリンの夫婦デュオ。子連れで演奏活動するうち、ユニット名が安部家に。ジャンルによらず、日々の想いに重なる曲をカヴァーしています。毎月第三日曜の「Green Morning Kamakura」にて、マイペースに活動中。

ごきげんようカルテット

5/20(sun) 12:00〜

湘南ユースオーケストラ出身の奏者による弦楽カルテット。気鋭の演奏家によるみずみずしい演奏は必見です!

キッチンシスターズ

5/20(sun) 13:00〜

私たちはアート・ユニットduco(デュコ)の大社優子(おおこそゆうこ)とオダギリミホを中心とするブルーグラス・バンドです。ブルーグラスという音楽が得意とするジャムセッションのように、音楽を通じて私たちらしく愉快に心を繋いでいきたいと思っています。 オダギリミホ/vo.mandlin , 大社優子/vo.banjo, 安部恭治/mandolin, 佐伯卓也/fiddle

Ja.z.z. Cocktail

5/20(sun) 16:00〜

逗子在住、逗子育ちのメンバーを中心に、東京・横浜・湘南で活躍するプレイヤーをこの日のために再び招集!晴天を祈りつつ…!!

11月3日(土) 15:00〜

ハニーレコード

逗子コミュニティパークでもおなじみとなった、藤沢を拠点に活動中の愛と平和・ビールとPOPミュージックを追求する「麦とポップ」5人組バンド。キレのある演奏とコクのあるメロディーを醸造することをモットーに活動中。

11月4日(日) 12:00〜

Silly Monkey [NEW]

vo.ちなつ & p.けんもち、そして息子のYoh baby SillyでHappyなファミリー音楽隊

11月4日(日) 13:00〜

Delicious Grapefruits Moon

透明感のあるウィスパーヴォイスとそっと囁きかけるような、 暖かくやわらかな歌声が持ち味。2008年より活動を始め、2010年より浜崎ちえのソロワークとなる。
2015年9月、長野アルプス公園で開催されている「りんご音楽祭 2015」の出演をかけたオーディションに参加し300 組の中の21 組に選ばれ見事出演を果たす。
Leyona、東田トモヒロ、小沼ようすけ、Rickie-G のオープニングやPeace-K 祭にも出演し、 様々なアーティストとの共演を果たす。
2018年1月、矢野 聖始 (Gt&Cho) が正式メンバー加入。同年4月に待望の1st Full album「Ua a la」(ウア アーラー)をリリース。