逗子コミュニティパークの目指すもの

よく言われるように、逗子は海もあって山もある恵み豊かな土地ですが、
それ以上にひと言では言い表すことのできない、素敵な魅力の詰まった街です。
私たちはこれからも、快適な屋外空間の提供を通じて、人と人との出会いの場を演出しながら、
そこで生まれたそれぞれのコミュニティを、さらに支援できる存在でありたいと考えています。
すでに逗子にはたくさんのコミュニティが存在しており、たくさんの市民参加による施策が進められています。
どれも素晴らしい価値あるものですが、それらひとつひとつが結びつき、
さらに大きなコミュニティとなっていくことで、さらなる成長を遂げることができると考えています。
そんな地域の橋渡し役としての”逗子コミュニティパーク”でありたいと考えています。

ワイングラスと音楽と

逗子コミュニティパークは、市民有志の実行委員による手づくりの企画です。私たちは、どうしたらみなさまにとってより快適で心地よい「大人の休日」を実現できるかを思い描きながら、会場づくりを行っています。

「単なる食事としてのフードやドリンクがあるだけでなく、音楽があったらもっと楽しいよね。屋外であっても、ワインを飲むならやっぱりグラスを傾けたいよね」 そんなお客様の目線にたって、少しずつ工夫を積み重ねて、よりくつろいでいただける空間を目指しています。

資金援助があるわけではないので、立派な会場とはいきませんが、できることから少しずつ、みなさまに楽しんでいただきながら、人と人との出会いを通じて、地域の様々なコミュニティの創造の場となるような、そんな企画でありたいと願っています。

より多くの人がまちづくりに関わること

逗子コミュニティパーク実行委員会は、いわゆるボランティアの市民有志だけで構成されています。それぞれが本業に就くかたわらで、この企画・運営に携わっています。

なぜ、休日の時間を割いてまで活動に参画するのか。確かに大変なことも多いのは事実。でも私たちは、持ち前のスキルや知見を生かして、市民活動に取り組むことで、自分たち自身も成長できていることを感じています。

何より、地域の取り組みに一歩踏み出したことで、たくさんの人がまちづくりに関わっていることを知ることができました。そして、自分自身もその一役を担えることで、逗子という街をより深く理解することができるようになり、自分たちと街とのつながりを肌で感じることができるようになりました。そんな想いで、まちづくりに取り組む人が増えて、より街を愛せる人が増えていくことが私たちの願いです。

■会場

亀岡八幡宮(〒249-0006 神奈川県逗子市逗子5-2-13)

 

■電車でのアクセス方法

最寄駅:京浜急行新逗子駅から徒歩1分、JR逗子駅から徒歩3分

 

■車でのアクセス方法

会場の亀岡八幡宮には駐車場がありませんので、お車でお越しの際は近隣のコインパーキングなどをご利用ください。

なお、当日会場付近の道路は混雑するため、出来る限り公共の交通機関をご利用されることをお勧めいたします。

「逗子コミュニティパークは、ほんのちょっとの背伸び感と地域に思いを寄せる機会を大切に、
大人の方がゆっくりくつろげる空間の中で、人と人・人とお店が出逢える場を提供していきます。
みなさまのご来場をスタッフ一同お待ちしています」

逗子コミュニティパーク 実行委員長 岡田謙一郎

岡田謙一郎

実行委員長

オーツアキヒロ

総合演出

久保田 裕

会場設備・SNS担当

來島 政史

ブッキング・WEB担当

門脇 茜

CP-BAR担当

岡田謙一郎

実行委員長

オーツアキヒロ

総合演出

久保田 裕

会場設備・SNS担当

來島 政史

ブッキング・WEB担当

門脇 茜

CP-BAR担当